よくある質問Q&A

経験編

Q.
全くお花の勉強をした ことがないのですが、大丈夫ですか?
A.
大丈夫です。当スクールの生徒さんは90%以上がお花の経験のない生徒さんです。
コースに入る前の1ケ月間は基礎をきっちり学びます。はさみやナイフの使い方から、お花 の名前にいたるまで、徐々にスキルアップできるカリキュラムを組んでいます。

Q.
どのくらいの期間で教えたりする事ができるのですか?
A.
NFD(社団法人日本フラワーデザイナー協会)の検定試験1級合格後の講師取得まで最短で3年。
当スクールのレギュラーコース高等科を修了後の卒業認定試験合格まで最短2年半。
この2パターンの内いずれかをクリアすれば、フラワーデザイナーとして、ある程度教えていけるスキルが得られていると考えます。

Q.
フラワーショップに勤めるには、どれくらいの知識が必要ですか?
また、資格は有利ですか?
A.
基礎的な知識とカラーハーモニーと植物に対しての基礎知識を持った人材は貴重であると思います。

資格編

Q.
お花の資格にはどういうものがありますか?
A.
公益法人 ― フラワーデザイナー資格検定試験(NFD)
国家検定 ― フラワー装飾技能検定(厚生労働省)
民間 ― 多数
とあります。

Q.
NFDとは?
A.
社団法人日本フラワーデザイナー協会(略称:NFD)は、1967年に設立され、1969年に文部省(現:文部科学省)の許可を受けたフラワーデザイナー組織唯一の公益法人です。

Q.
ヨーロピアンとNFDの違いって何ですか?
A.
国内限定の資格(任意)とヨーロッパ全土で通用するオランダの国家資格という違いがあります。
現在、日本国内でもNFD検定そのものが、ウェスタンスタイルからヨーロピアンスタイルへと移行し始めています。
花材の量、カリキュラムの充実度から見ても、ヨーロピアンスタイルはこれからのお花業界を劇的に進化させていくでしょう。
国内では我が校を含めて、4校しか認定校として登録されていない今だからこそ、きめ細かい、そして内容重視のレッスンが受講可能となります。

Q.
ヨーロピアン(DFA)取得は難しいですか?
A.
ヨーロピアンでの試験のことを「DFA」=「Dutch Flower Arrangements」(オランダヨーロッパ式フラワーアレンジメント)試験と言い、DFA取得試験は最大5科目の課題を時間内にクリアし、10段階評価をパスし、合格となります。
現行のNFD検定試験のように、時間・形・寸法などがきっちり数字化されているわけではありません。
よりデザイナーとしての資質を問われる試験となるだけに、DFA受験まで我が校では2年という期間を設けているほどです。
それだけに、取得後の能力の差は歴然としています。
お花屋さんやフラワーデザイナーとして活躍したい方には、ぜひとも学んで欲しいコースです。

手続き編

Q.
入校日は決まっているのですか?
A.
毎月月初めが入校日です。入校を考えている月の前月末までにお電話いただければ、入校可能です。
入校日当日に、入学金その他をお支払い下さい。

Q.
退校する時はどうしたらいいのですか?
A.
退校されたい月の前月末までに、スタッフに退校する旨をお伝えいただくだけで結構です。

Q.
授業料は年払いですか? 月謝ですか?
A.
当スクールは、花材費・維持費込みのお月謝制です。
(翌月分を前月末に納入)お月謝は現金でのお支払いとさせていただいています。
金額等につきましては、郵送によるパンフレットの発送か、メールでの資料配信とさせていただいておりますので、ご連絡ください。